仕事に応じた酵素を作らなければならないのでとてつもない数の酵素が作られる