グリーンスムージーと酵素ドリンクは大きな違いがある

グリーンスムージーと酵素ドリンクは大きな違いがある

ダイエットに効くだけでなく美容や健康にも良いとされているグリーンスムージーと酵素ドリンクはよく混同されがちですが、実は両者には大きな違いがあります。

 

どちらも酵素を取り入れることのできる方法ではありますが、グリーンスムージーは野菜やフルーツに熱を加えない状態でミキサーにかけて作ります。素材をそのまま体内に取り込むことのできる方法であり、知識がなくても簡単に取り入れることが可能です。それに対し酵素ドリンクは野菜やフルーツ、野草を原料にして黒酢などで発酵させている発酵食品です。発酵食品は体に良いとされていますが、良質な商品でないと生きた酵素を取り入れることができない場合もありますので注意が必要です。

 

グリーンスムージーを利用してダイエットを行う場合、その季節の旬の素材を楽しみながら実践することができます。旬の食材には豊富な栄養素が含まれていますので、効率良くビタミンやミネラルを補給することができます。野菜不足の人も取り入れたいダイエット法であり、味に飽きたらミルクやハチミツなどを使ってバリエーションを加えることも可能です。グリーンスムージーはミキサーさえあればすぐにでも始めることができますが、食材集めが大変になるケースもあります。また、旬の食材でないと栄養価値が小さくなることもありますし、食材によってはスムージーに向かないものもあります。

 

酵素ドリンクを利用した酵素ダイエットでは、ほとんどの人が市販品を利用します。自分で作るよりもはるかに多くの食材を取り入れることができますし、発酵過程にも工夫がされていますので効果が高くなります。また、費用的な面から見ても自分で食材を揃えなくて良い分安く済みます。最近では良質な素材を使って製造している商品も増えていますし、製造過程にも気を配っていますので、酵素ドリンクを効果的なものにしてくれます。

 

ダイエットを行う際にどちらの方が良いのかを考える時、明確な違いである発酵という部分に着目してみる必要があります。それ以外は酵素を取り入れる手段という点から見ると同じであり、取り入れやすさも感じ方には個人差がありますので、一度試してみる必要があります。

 

酵素は元々人の体の備わっているものであり、潜在酵素が十分な状態であれば循環が良くて代謝の良い体が維持されるのですが、加齢と共に減ってくると体内循環に異変が生じます。

 

それを解決するには外側から補う必要があり、それに対応しているのがグリーンスムージーや酵素ダイエットです。一度減り始めると急激に増えるということもありませんので、取り入れることを決めたら長く続けることが大切です。楽しみながら実践するために、工夫をしたりバリエーションを増やしたり、食事のメニューに取り入れることも有効です。酵素ダイエットではデトックス効果を高めるためにプチ断食を実践する人が多く、一日三食のうち一食を酵素ドリンクに置き換えることで体内をリセットできます。